ソフトバンクのグループ企業

Press Releasesプレスリリース

2020年12月15日

プレスリリース

「紀伊國屋書店 新宿本店」へレジの混雑状況をモニタリングする「密回避サイネージ」の提供を開始

SBクリエイティブ株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:土橋 康成、以下「SBクリエイティブ」)は、「紀伊國屋書店 新宿本店(本館:紀伊國屋ビルB1F~7F、別館:アドホックビルM2F~2F)」に、「密回避サイネージ」を2020年12月9日から提供を開始しました。


 

「密回避サイネージ」は、画像認識AIソフトウエアでモニタリングしたレジの混雑状況をサイネージに表示させ、空いているフロアのレジに顧客を誘導することができます。また、「密回避サイネージ」のコンテンツ内に広告スペースを設け、新刊やベストセラー書籍の告知、季節商品のPRなど、書店の販売促進につながるタイムリーな情報を表示させることも可能です。さらに、画像認識AIソフトウエアで認識した混雑状況の数値データはクラウド経由でサーバーに蓄積され、顧客行動分析を行うことができます。混雑する曜日や時間帯などを把握することで、レジ前の効率的な導線を考慮したレイアウト変更など、顧客サービスの向上を目指した検討にも役立ちます。


 
<イメージ(表示画面デザイン)>


PR20201215.jpg


当社は今後、「密回避サイネージ」の導入をスーパーマーケット、ドラックストア、コンビニエンスストアなどさまざまなリテール店舗のほか、病院、役所、オフィスなどへも拡大していく計画です。


 
<「密回避サイネージ」商品紹介サイト>

https://signagemedia.jp/sbcr/ds/avoidance.html



 

「密回避サイネージ」について
「密回避サイネージ」は、リテール店舗向けに新型コロナウイルス(COVID-19)感染予防対策のため、店内の人口密度を自動判定することにより密集・密接を避け、顧客および店舗従業員の安心、安全を目的として、SBクリエイティブが開発した画像認識AIソフトウエアです。画像認識AIソフトウエアは、Webカメラ経由で一定のエリア内(画像内)の人数をカウントし、密集度を瞬時に判定する機能が特長です。その判定情報はモバイルインターネット網を介して店頭のデジタルサイネージのほか、パソコンやスマホ向けのウェブサイトに視覚的なビジュアル(コンテンツ)で表示します。また、本サービスは、すでに導入済のサイネージをそのまま活用し、Webカメラなどの機器を追加することで、オプション的に機能を付加することができるため、導入コストを抑えられることも特長です。



■ 導入店舗概要
紀伊國屋書店 新宿本店
所在地:東京都新宿区新宿3丁目17-7
URL: https://store.kinokuniya.co.jp/store/shinjuku-main-store/



会社概要

社名 : SBクリエイティブ株式会社
所在地 : 東京都港区六本木2丁目4-5
代表者 : 代表取締役社長 土橋 康成
URL : https://www.softbankcr.co.jp/
設立日 : 1999年3月24日(2013年10月より現社名に変更)
資本金 : 1億円
事業内容 : デジタルコンテンツ事業、出版事業、企画制作事業など

● その他、記載されている社名、製品名等は、一般に各社の商標または登録商標です。
● プレスリリースに掲載されている内容、サービス/製品の価格、仕様、お問い合わせ先、その他の情報は、発表時点の情報です。その後変更となる場合があります。

本件に関するお問い合わせ先

SBクリエイティブ株式会社 コンテンツ事業本部 事業企画部   担当:土屋
Tel:03-5549-1262    E-mail:ds@cr.softbank.co.jp



Contact Usお問い合わせ

出版に関するお問い合わせ ビジネス+ITに関するお問い合わせ ハーレクインコミックスに関するお問い合わせ デジタルサイネージに関するお問い合わせ
その他のお問い合わせ
#